​©BeU 2018-.

​名前が水色:男性 桃色:女性 紫色:その他

​コアメンバー紹介

小林 暉

​Meguru Kobayashi

担当:代表

・大学2年次より教育に関心を持ち、学外にて高校生に対するワークショップ開発・実施や教育に関心を持つ大学生のコミュニティ形成、高校生のプロジェクト支援などの活動を行う。

・NPO法人ETIC.ソーシャルイノベーション事業部にて社会起業家支援事業の事務局を務める。

・NPO法人ETIC.主催の次世代のイノベーター育成のための現代版私塾「MAKERS UNIVERSITY」2期生

・普段は放課後等デイサービスの指導員として発達障害のある子どもたちの療育支援を行なっている。

​・青山学院大学「ワークショップデザイナー育成プログラム」32期修了

​ ワークショップデザイナー

僕は家庭環境やクラスでの出来事もあり、高校時代までは人に嫌われないかどうかばかり気にしてしまっていました。でも、大学時代の様々な出会いや経験によってありのままの自分を認めることができました。過去の自分のような人に前を向くきっかけを届けられればなと思い、BeUで活動しています。

​ブログ:https://note.mu/meguru0213

林 利遥 

Toshimichi  Hayashi

担当:広報・法務・ファシリテーター

人間関係や日常生活で面倒臭さを感じたことがない人はいないと思いますし、「できないこと」の壁にぶち当たったことのない人もいないと思います。しかし、そのせいで人生や社会に負の感情を抱いてしまうのは大変もったいないことだと思います。 いろんな場面で、誰かの助けを得たり仕組みや着眼点を工夫したりすることで、「できないこと」を「できること」に変えていくことはもっとできるのではないでしょうか。その感覚を形にしていくため、BeUで活動しています。

北岡 かおり(グワシ) 

Kaori Kitaoka

担当:当事者会統括・ファシリテーター

一見みんなと同じだけど、なぜか上手いかない日々。自分でもなぜうまくできないのか分からないにもかかわらず、周りから『何でできないの?』という言葉が矢のように突き刺さり、自己否定されているように感じていた小中高時代。困難さが目に見えないため、人に上手く伝えられず、そして共感してもらうことも難しかった。
当時の私が、安心して自分の不安や悩みを話し、その場で解決はできなくても工夫や同じような困りごとを同年代の人と共有できたらどれだけ救われ、勇気をもらえただろうか。

そのようなバックグラウンドから、様々な出来事から自信を失ってしまった学生が少しでも前向きに、そしてほっとできる団体を作りたいと思い、今同じような思いを持つ仲間と共にBeUで活動しています。