​©BeU 2018-.

>

制定日:2018年9月20日

代表者・責任者名:小林暉

2019年7月31日改定:体制変更により代表者名を変更

はじめに

 任意団体BeU(以下「弊団体」)は各種事業の実施にあたり、お客様の個人情報をお預かりすることがございます。

弊団体は福祉・教育分野に位置付けられる事業を行っており、その社会的責任は極めて高いと認識しております。発達障害の診断などは戸籍上の情報以上に流出の際個人の権益を損なうリスクが高いため、厳密な管理のもと個人情報を保護し、お客様にさらなる信頼性と安心感をご提供できるように努めてまいります。

弊団体は、個人情報に関する法令を遵守し、個人情報の適切な取り扱いを実現いたします。

 

1.個人情報の取得について

 弊団体は偽りその他不正の手段によらず適正に個人情報を取得いたします。

 

2.個人情報の利用について

 弊団体は、収集目的を明確に開示して個人情報を収集します。収集した個人情報は、本人の同意を得た範囲内で利用します。

 

3.個人情報の安全管理について

 弊団体は、取り扱う個人情報の散逸、紛失、改ざん、漏洩等に関して技術面及び組織面において団体内で独自に定めた「情報セキュリティガイドライン」に基づいて合理的で適正な安全対策を講じます。

 

4.個人情報の第三者提供について

 弊団体は、個人情報保護法等の法令に定めのある場合を除き、個人情報をあらかじめご本人の同意を得ることなく、第三者に提供いたしません。

 

5.個人情報保護を実施する組織・体制について

 弊団体は 小林暉 を個人情報管理責任者とし、「情報セキュリティガイドライン」に基づいて個人情報の適正な管理マネジメント及び継続的な改善を実施いたします。

 

6.各部門の責任について

 〇個人情報管理責任者

  セキュリティポリシーの支持・運用を明言し、組織内のセキュリティマネジメントを推進する。

 〇業務に関わる全ての者

  組織の保有情報を使用することができるが私的利用であってはならず、セキュリティポリシーに同意し違反した場合は責任を負わなければいけない。

 〇外部団体・業者

  契約上で管理予防策を確認し、事故時の責任を明確にする。

 

7.個人情報保護に関する教育について

 弊団体は責任者が中心となり、業務に関わる全ての者に対し個人情報保護の重要性とその責任及び管理方法を理解・実行させることに努めます。

 

8.本ポリシーの変更

 本ポリシーの内容は変更されることがあります。変更後の本方針については弊団体が別途定める場合を除いて、団体ホームページに掲載した時から効力が生じるものとします。

また、本ポリシーの冒頭に改正日時を常に明記いたします。

​個人情報セキュリティポリシー